重症化した大人ニキビの正しい治し方

サイトマップ

日常生活で注意すべき大人ニキビの原因は?

何度も何度もくり返す、嫌な大人ニキビ。

 

「いつもと変わらない生活をしているはずなのに……」
「一度治っても、すぐに新しいニキビができるのはなんで?」
と疑問に思うことも多いでしょう。

 

実は大人ニキビができやすく、くり返しやすいのは、
その原因が、日常生活の中にたくさんあるからです。

 

ここではニキビができる原因を、
「スキンケア」「生活習慣」のふたつの項目に分けて紹介します。
自分の生活と見比べて、原因を探してみてください。

 

 

ニキビの原因になるスキンケア編

 

刺激の強い洗顔料を使っている

洗浄力の強い洗顔料は、肌のバリア機能まで破壊してしまうことがあります。
バリア機能がなくなると、肌は乾燥を防ぐため皮脂を余計に分泌してしまいます。

 

ニキビを防ぐ(治す)には、肌に優しい洗顔料を使うのがベスト。
バリア機能を傷つけないクレイ洗顔などに切り替えましょう。

 

 

洗顔方法が間違っている

肌をキレイに保つのはニキビ対策の基本ですが、
顔をゴシゴシこすって洗顔したり、一日に何回も洗顔するのは逆効果です。

 

洗顔の際は、

  • 人肌ぐらいのぬるま湯を使う
  • 肌に触れるか触れないかぐらいの優しいタッチ
  • 洗顔は多くても1日に2回までにする

これを守るのが大切です。

 

 

肌の保湿がきちんとできていない

たっぷりの保湿は、ニキビケアの基本です。
乾燥肌の人はもちろん、通常肌やオイリー肌の人は特に注意。
「カサついていないから、化粧水はいいや」ではなく、
つけすぎても悪いことはない、ぐらいの気持ちでしっかり保湿しましょう。

 

 

メイクをしっかりオフしていない

ニキビは、毛穴の詰まりが原因になっていることがあります。
特に、拭き取るタイプのクレンジングをしている人は、
メイクの汚れを毛穴に押し込んでしまっているかもしれません。

 

また肌に刺激の少ないものを選ぶのも大切。
洗顔と一緒にできるクレンジングを使ったりして、
できる限り負担を減らしましょう。

 

 

シャンプーやリンスの洗い残し

シャンプーやリンスをちゃんと流したと思っても、
実はきちんと流せていなくて、顔や肌に残っていることがあります。

 

洗い残しはずっと肌に残り、刺激になってしまうので、
普段より少し長めにすすいだり、
お風呂を上がるときに、もう一度軽く洗顔したりしてケアしましょう。

 

 

ニキビの原因になる生活習慣編

 

ストレスを感じている

ストレスはホルモンバランスを崩す原因になり、
皮脂の過剰分泌を引き起こすことがあります。

 

普段からストレスを抱えている人は、
運動や趣味など、ストレス解消法を見つけたほうがいいですね。

 

 

生理前の不安定な時期

生理が近付くと、どうしてもホルモンバランスが乱れてしまい、
それが肌荒れやニキビにつながってしまうことがあります。

 

女性であれば、避けることができませんので、
ホルモンバランスを調整するサプリメントでフォローしましょう。

 

 

睡眠不足

睡眠時間が不足すると、ターンオーバーが乱れ、
ニキビはもちろん、様々な肌トラブルの原因になります。

 

また、夜の10時以降はターンオーバーが活発になる大切な時間。
眠るとはいかなくても、この時間までに布団に入るようにしたいですね。

 

 

食生活の偏り

好き嫌いが多かったり、間食をしているとニキビができやすくなります。
ビタミン類を豊富に含む野菜をしっかり食べたり、
糖分の多いお菓子を避けるなど、健康な食生活を心がけましょう。

 

 

便秘になってしまった

お腹に便がたまってしまうと、排出されるはずの毒素が、
体内をめぐって、毛穴などから出てくるようになります。

 

これが毛穴のつまりを引き起こすこともありますので、
食物繊維を取ったり、適度な運動をして、便秘はできるだけ早く治しましょう。

 

 

顔を触るクセがある

頬杖をついたり、顔をいじるクセがあると、
手の雑菌が肌に付着して、ニキビの原因になってしまいます。

 

またニキビができているときは、
触るとそれが刺激になって悪化してしまうので、
気が付いたらクセを直すようにしましょう。

ニキビが重い人におすすめできる化粧品はどれ?

ニキビの予防におすすめのサプリメントはどれ?