重症化した大人ニキビの正しい治し方

サイトマップ

乾燥対策を怠らないのが大切

十代の若いうちにできるニキビは、成長期によるホルモンバランスの変化によって
皮脂が過剰に分泌することが原因として挙げられます。

 

逆に大人になってからのニキビは、もちろんストレスなどによってホルモンバランスが乱れ、
皮脂が過剰に分泌されることにはなるのですが、併せて「乾燥肌」という要因が絡んできます。

 

皮脂過剰と乾燥肌、相異なる肌質であるように思われますが、
大人になってからの大人ニキビについては、年齢とともに肌がドライになっていきます。

 

さらに新陳代謝が低下し、肌のターンオーバーが長くなることで、
乾燥によってできている古い角質が肌表面に蓄積されていきます。

 

古い角質が肌表面に蓄積されると毛穴が詰まり、
そこから大人ニキビの原因菌であるアクネ菌が増殖するのです。

 

よって、根本的な乾燥肌について対策を怠っていると、
大人ニキビは悪化していくということになるのです。

 

 

保湿の重要性

 

ニキビについては、「肌がオイリーになっているからドライに保たなければならない」
と勘違いしている人も多いように思われます。

 

もちろん、皮脂分泌が過剰となってオイリーになっていることに間違いはないのですが、
肌そのものが乾燥している状態では、溜まった角質がターンオーバーの遅れによって
どんどん毛穴で蓄積されることになります。

 

これは大人ニキビが増殖する、格好の環境なのです。

肌を清潔に、さっぱりと保っておくことは大人ニキビ対策として重要なことですが、
さらに保湿をすることで潤いを肌内部に閉じ込めておくことは、
古い角質を肌表面に溜めこまないためにも大変重要なケアなのです。

 

 

大人はもともと乾燥肌

 

十代のそれとは異なって、大人のニキビは乾燥によるものが多いというのは、
若い頃と違い、肌の水分・油分が減少していくためでもあります。

 

そのため大人の肌は若い肌と比べてかなりの乾燥肌となっています。

 

併せてターンオーバー機能の低下によって肌の再生力が弱まり、
古い角質はどんどん溜まっていくわけですから、
いかに根本的な乾燥を防ぐかが大切だとお分かりでしょう。

 

油分を多く含んだクリームやオイルまで使用する必要はありませんが、
せめて化粧水くらいでしっかりと保湿をするよう心掛けてください。

 

さらに、乾燥肌になっていると肌はとても敏感になります。
使用する化粧水は、添加物が少ないなど低刺激の商品を選ぶよう心掛けてください。

 

ニキビが重い人におすすめできる化粧品はどれ?

ニキビの予防におすすめのサプリメントはどれ?